未成年の行方

 昔から思う。  今のオレたちですら、何十年も前の人たちからすれば、きっと精神年齢が低いに違いない。  そんなオレたちが、今の若者の世代の精神年齢の低さを非難する資格はあるだろうか?  むしろ想定すべきだと思う。  今の20歳の精神年齢が20歳に達するのは、彼らが30歳になる頃だろうと…。   仕方のないことだ。  どんどん世の中は便利になっていく。  その分だけ自立心は失われる一方、複雑さは増していく。  自分で鳥を捕え、血を抜き、内臓を抜き、皮をはがし、肉を焼いて食べていた親の世代とは、明らかに違う。  しかし、難しいのは、その一方で未成年の犯罪をどう裁いていくべきかという問題だ。  精神年齢の低さゆえに、悪意に満ちた重大な事件を起こす者も少なくない。  オレが被害者なら、あるいは、被害者の家族ならば、彼らが少しでも法に守られるような場面は見たくない。  だからと言って、彼らの親の監督責任を糾弾したところで気が済むはずもない。  必ず、加害者は知っていたはずなのだ。 「そんなことをしたら、どんなことになるのか」 を。  そして、 「未成年だったら、ある程度は大目に見てもらえる」 という事実を。  それを計算した上で行動した者に、本当にそのような保護は必要なのだろうか? 「計算していたかどうかは分からないから、とりあえず保護して、被害者には泣き寝入りしてもらう。」 ということなのか。  何度も言っていることだが、法が必要ないというこ…

続きを読む

未熟な法に対する想い

 この歳になると当たり前になってくることだけど…。  合法が善とは限らない。  違法が悪とも限らない。  しかし、そうだとしても罰から逃れることはできない。  いや、実際は逃げ切れる人間もいるのかもしれないが、オレはそれを前提には考えられない。  最近、一つの結論を出した。  裏切られた人間をこの国の法律は救ったりしない。  法は法の理屈を守るために存在し、人としての良心を守るためには存在しない。  かと言って非合法の必要性を主張するわけではないが、少なくとも法はあまりにも未熟で、本当に守らなければならないものを守るところまでの成長は絶望的に遅いのだ。  その結果、現状の法は、人としての誠実さを失い、悪意に満ちている人間を、平気で守ってしまう。  この国では、一体どれだけの人が同じような目に遭ってしまっているのだろう。  オレはその無念さを私刑で報いようとは思わないが、そうしたくなる気持ちも痛いほど分かる。  しかし、それでも、法を否定してしまっては逆効果だ。  むしろ、法の成長を促進させるべきだ。  法の理屈を守る法ではなく、人の誠実さや良心を守るための法が必要だ。  そして、法に守られた悪人たちに、生涯逃れることのできない羞恥心と後悔を与えていくべきだろう。  オレはこの現実から決して目を逸らさない。

続きを読む

本物を見たいとは思わないかい?

 オレは問いかける。  たった今、これを読んでいるまだ見ぬ人たちに。 「なぁ、本物を見たいとは思わないかい?」  思えば、クチパクも公言してテレビに出る時代だ。  マスコミよりもネットの方がナマの情報が手に入る…なんて言ってるそばから、ステマが流行ってしまった。  ゴーストライターという言葉を聞いたことがない人も、ほとんどいないんじゃないだろうか。  金持ちや政治家の子供が優遇される出来レースのオーディション。  カネで集められるオーディエンス。  タレント本人の人格とイメージの乖離が加速し、あとから発覚する実態に落胆させられ続けるファンたち。  明らかな嘘を指摘するふりして、さらに仕込まれた嘘を見抜けないまま、オレたちは欺かれてきた。  何が本当で、何が作り物じゃないか、ますます分かりにくくなってきた時代だ。 「なぁ、本物を見たいとは思わないかい?」  オレの過去は、15年前、2ちゃんどもが好き放題書き散らかしている。  約2年間で30以上の誹謗中傷のスレッドが立った事実は消えない。  しかし、そこからオレが這い上がってきたという事実は、本物だ。  この生き方に学歴など全く役に立たないが、オレを勝手に大学中退という設定にしたヤツらがいた。  大したレベルでもないのにプログラム作っては動くのを見てはしゃいでるとか言ってたヤツらもいた。  起業ごっことか言ってたヤツらもいたな。  ロリコンだの犯罪だの言ってるヤツもいたっけ。  悪いけ…

続きを読む