誹謗中傷が許されていた時代は終わりつつある

 20年前に比べれば、ネット上の無法状態は着々と解決しつつある。

 そして、こういう時代が来ることはあの頃から分かっていた。

 これだけ時間がかかることも…。


 デジタルタトゥーという言葉もある。

 相手を苦しめるためにネット上に残すという武器がかえって、自らに不利な証拠として残り続ける。

 その不安や恐怖は、こちらが思っている以上なのかもしれない。


 しかも、お互いの素性が分かっていれば、仲裁・謝罪・和解という手段もあるかもしれないが、匿名性を武器にしてきた人間にはそのハードルも高い。 

 許されにくい環境の中で、いつ訪れるかも分からない破滅に苛まれるのだろう。


 同情はしないが、償う勇気が湧くことを祈りたい。

 そこから逃げれば、この先もこのようなネガティブな感情からは解放されないからだ。


2022年5月8日21時