プロデュースとマネジメントの境界

 ここ1年、数人の人材を育成してきた。

 スカウトから始まり、マネジメント、研修、トレーニング、プロデュースを行っていく。

 契約金やレッスン料などは一切もらっていない。

 カフェや飲みなども全て、こちらが負担している。

 例外は、相手が遅れてきたときに、こちらが先に店で待っていて、その店が前払いの場合ぐらいだろう。


 しかし、最近、ある人材の研修、マネジメント、トレーニングを打ち切った。

 その一方で、プロデュースは前向きに継続していくことにした。

 先行投資のコスパを考えてのことだった。


 そして、その瞬間、マネジメントとプロデュースの役割が明確になった。

 マネジメントは、何が何でもその人材を成功に導くこと。

 一方で、プロデュースは、その人材にも有効なチャンスや環境を創り出していくこと。

 それゆえ、「マネジメントは対象が一人であるのに対し、プロデュースはあくまで対象が複数」となった。

 自社定義だ。


 リソースが限られていようが、潤沢だろうが、

「有望な人材にリソースを集中させ、そうではない人材に無駄なリソースは割かない。」

という点において、やることは変わらない。


 ようやくこの分野で一歩前進できた気がした。


2022年7月19日23時すぎ