社交辞令を言わしめる力

 長年、誉め言葉を含む社交辞令に対して、

(相手は本気でそうは思ってはいない。

 言葉どおりに受け取ってはいけない。)

というネガティブな印象を持っていた。

 社交辞令が溢れるこの世の中に対しても、

(相手の真意には滅多に触れられない。)

と、失望さえしていた。

 しかし、よくよく考えてみると、仮にでもそう言わしめたのであれば、相手はほんのわずかでもそう思う余地があったということだ。

 後々、

「本当はそう思ってなかったけどね。」

と、逃げ口上に走って嘲笑するような輩もいるだろう。

 そんな連中にフォーカスする必要もない。

 悪意のない社交辞令を鵜呑みにして、世の中を薔薇色にしてしまう生き方だってある。


 なんとなく、そういう生き方を目指してみたいと思った。


2023年4月17日22時半