因果関係

 若い子とコンセプトやヴィジョンについて話していて気付いたことがある。  例えるなら、「今後は節約しようか」と提案すると、「はい!頑張ります!」と答える。  そこで、「じゃあ、早速だけど無駄にタクシー使うのはやめようか」と提案すると、嫌がる。  「じゃあ、すぐにコンビニでジュース買うのは?」と聞くと、これも嫌がる。  そんな感じだ。  どうやら「節約する」ということがどういうことなのか、因果関係が分かっていない。  だから、漠然とポジティブな回答や決心をするが、具体化しようとすると反発してしまう。  因果関係が見えていないうちから、ミッション、ヴィジョン、コンセプトの類を決めさせてはいけないということだ。  もっとも、気質の問題もあるかもしれない。  因果関係が見えていなくても、嫌がらずに行動できるタイプなら問題ないからだ。  そうやってノウハウを吸収していけるタイプの成長は早い。 2022年5月13日21時

続きを読む

ジャンルは後からついてくる

 オルタナティヴ・ロックというジャンルを知ったのはつい最近の話だ。  もちろん、この言葉は昔から存在していた。  オレが知らなかっただけだ。  しかし、知っておく必要があったとも思えない。  言葉だけ知っていて実践できないヤツより、実践していたら言葉が当てはまったという方がはるかに良いからだ。  それに、言葉が先立ち、無理やり自分を当てはめようとすれば、空虚になってしまう。  形骸化ってヤツだ。  それにしても、名前こそ長いこのジャンルだが、問われていることはとても簡単な気がする。  要は、売れる音楽、聴いてもらえる音楽よりも、自分がやりたい音楽を優先するかどうかってことだ。  厳しい定義によれば、これまでの旅路において、一度でも魂を売り渡したかどうかってことにもなるかもしれない。  想像できるだろうか。  30を過ぎて、現場最年長と言われながらファーストフード店を駆け回っていたオレの姿を。  ロックからかけ離れた姿だったかもしれない。  だけど、魂を売り渡さなかったからこそ、そんな姿にもなっていた時期があった。  そんなときに書いた曲が、「BLUE SKY FREEDOM」だ。  お手持ちの音楽アプリで検索して、是非聴いてみて欲しい。 2022年5月10日午前10時

続きを読む

誹謗中傷が許されていた時代は終わりつつある

 20年前に比べれば、ネット上の無法状態は着々と解決しつつある。  そして、こういう時代が来ることはあの頃から分かっていた。  これだけ時間がかかることも…。  デジタルタトゥーという言葉もある。  相手を苦しめるためにネット上に残すという武器がかえって、自らに不利な証拠として残り続ける。  その不安や恐怖は、こちらが思っている以上なのかもしれない。  しかも、お互いの素性が分かっていれば、仲裁・謝罪・和解という手段もあるかもしれないが、匿名性を武器にしてきた人間にはそのハードルも高い。   許されにくい環境の中で、いつ訪れるかも分からない破滅に苛まれるのだろう。  同情はしないが、償う勇気が湧くことを祈りたい。  そこから逃げれば、この先もこのようなネガティブな感情からは解放されないからだ。 2022年5月8日21時

続きを読む